【京大生直伝】結果につながる模試の復習方法とは?周りと差がつく取り組み方

模試で点数が取れなかったから悔しい…

模試ってどうやって復習すればいいの?

模試を受けた後、結果を確認するだけで終わってしまっていませんか?

はっきり言いますが、もう同じ問題が出ないからといって復習を怠っていては点数UPは望めません。

そこで本記事では、模試の復習方法について詳しく解説していきます。

本記事で分かること
  • なぜ模試の復習が必要なのか
  • 具体的にどう復習すればいいのか
  • 次の模試までにやること
執筆者の実績
  • 大手予備校の模試で英語全国1位を獲得した経験あり
  • 京都大学法学部に現役合格
本記事でいちばん伝えたいこと

復習するまでが模擬試験!

目次

模試の復習をやるべき3つの理由

ここでは模試の復習をやるべき3つの理由を解説していきます。

まず初めに目的を理解することで、モチベーションにつなげていきましょう。

理由①:模試の問題は良問が多いため

有名な塾や予備校が作成する模試は全国の学生が受験することになります。

そのため、問題の内容は高校で習った範囲を理解できているか網羅的に問うものが増えます。

受験者によって細かく点数に差をつけるため、

・完答するのに単元の細かい知識が必要になる問題
・知識を組み合わせたり展開させて解く必要がある問題

上記のような問題を積極的に取り入れていることが模試の問題に良問が多いと言われる大きな理由です。

理由②:自分の弱点を発見しやすいから

模試の問題はそれまでの高校の範囲が網羅的に問われます。

そのため、一つの教科の中でも得意・不得意な分野がそれぞれどこなのかを明確にすることができます。

また、「本番に弱い」や「マークシートに慣れていない」など学力以外の弱点の発見にもつながります。

家や授業中は解けるのに模試になると解けないという人は、その原因を分析するところから始めてみましょう!

弱点の例

【原因】集中力が続かない!
【対策】普段の勉強に試験と同じ時間を計って問題を解く時間を取り入れる。

【原因】プレッシャーに弱い!
【対策】校外模試などに参加して試験慣れをする。

【原因】試験の形式に慣れていない!
【対策】記述・マークシートなど自分が苦手な回答形式の問題集を買って解く。

理由③:どの分野を伸ばせば良いのか良く分かるから

模試の結果が返却されると、自分の偏差値と各教科の単元ごとの成績を確認することができます。

そしてこれらの情報から、目標の偏差値に到達するためにどの単元を伸ばせば良いのかも自ずとわかってくるはずです。

成績表の内容に従って復習を行うことで、効率的に偏差値をあげていきましょう

特に受験者平均の正答率が高いのに、自分は間違えてしまった問題などは要復習です!

模試の復習のポイント

ここまで模試の復習をする意義について解説してきました。

では、実際にどんな方法で復習するとよいのでしょうか。

ここからは模試の復習のポイントを解説していきます!

ポイント①:解けた問題こそ復習する

重要なのは、模試で解けたからといって放置してはいけないということです。

むしろ解けた問題ほど解説をよくよく読んでみましょう。

模試の解説はかなり丁寧なので、解説を読むと今まで知らなかった知識が手に入ることが多々あります。

実際に本番でその問題を解けたということはある程度その分野を理解できている証拠ですが、模試の解説を100%理解することで、さらに周りと差をつけることができます。

ポイント②:解説が理解できたら、もう一度問題を解いてみる

解説を読んで理解できたと思っても、実際には定着していない場合があります。

そのため、解説を読んだ後はもう一度何も見ずにその問題を解き、知識が使える状態にまでなっているかどうかを確認してみてください。

また、難しい問題の場合、解説を読んでも完全には理解できないケースもあります。

そうした場合には、参考書などで不明点を解消し、わからない部分を曖昧にしたまま放置するということがないようにしてください。

知識を定着させるには、下記のサイクルを数多くこなすことが大切です!
①解説を読む
②もう一度解き直す
③分からなかったらまた解説を読む

模試の復習のやり方【科目別】

ここからは科目別に、模試の復習方法を解説していきます。

特に苦手な科目は重点的に復習するようにしましょう!

国語

国語は大きく分けて、「現代文」と「古文・漢文」に分けられます。

それぞれの模試の復習法を解説していきます。

現代文

現代文の復習では、答えが合っていたかどうかより「考え方のプロセスが合っていたか」を確認しましょう。

なぜ自分がその解答を選んだのか、逆に他の選択肢はなぜ間違いと判断したのか。

この「解答のプロセス」が解説の考え方と合っているかを確認しましょう。

もし考え方がずれていたなら、たとえ解答が正解であってもしっかりと復習しておきましょう。

古文・漢文

古文や漢文の復習では、現代語訳と読み比べながら理解を深めるのが良いでしょう。

また、古文なら古文常識、漢文なら時代背景などを覚えることもとても重要です。

我々現代人が思いもしない行動が、古典の世界では常識だったということは本当に多いです。

なので、ただ単語や漢字を覚えるのではなく、その背景を考察してみましょう。

単語や句法といった知識の復習も忘れずに!

数学

数学で大事なのは「答えの導き方を理解できているか」という点です。

そのため、本番中は答えだけでなく導き方まで復習できるように解法をメモする癖をつけましょう。

模試のときは集中していたので解けたけど、今振り返るとどうやって解いたか自分でも覚えてない…

このような状態になってしまっては、後からどこで間違ってしまったか見返すことが難しくなってしまいますからね。

また、問題によっては解法が複数ある場合もあります。

そのため、復習の際は、本番で解けた問題も含めて解法から確認するようにしましょう。

本番で選ばなかった選択問題も解答しよう!

数学には選択問題があります。

本番では選択しなかった問題も、復習では解いてみることをおすすめします!

意外と”食わず嫌い”なだけで、得意な分野が眠っているかもしれません。

英語

共通テストのリーディングでは、問題を最後まで解けた人と解けなかった人で復習のやり方が異なります。

それぞれの場合に分けて復習の方法を解説していきます。

最後まで解けた人

時間内に解けた人は読み取りミスを減らす必要があります。

そのため長文で出てきてわからなかった単語や文法などを細かく洗い出して、一つ一つ意味や使い方を確認しましょう。

また、速読をすると、頭の中では情報が散乱してしまいがちです。

そのため、日頃から速く読みつつも混乱しないように読む練習が必要です。

文章の意味は理解できていたのに、うっかり勘違いをして間違えてしまった…。

そんなケアレスミスを減らせるように、情報を整理しながら読む癖をつけましょう。

パラグラフ(段落)ごとに一言、内容の要約をメモしながら読む方法がおすすめです!

最後まで解けなかった人

時間内に読みきれなかった人はとにかく速読の練習が必要です。

考えれば解ける問題もあったかもしれないのに、最後まで問題を見ることもできないというのは非常にもったいない話です。

なので、そのような人はまず時間内に解ききることを目指して訓練を重ねましょう。

模試の復習においては、自分が時間内に読みきれなかった原因を探りましょう。

・単語や文法の知識が不足していた
・構文の力が足りていなかった
・時間配分を間違ってしまった

上記のように、人によって対策すべき部分は異なるはずです。

まずは自分の弱点を把握することから始めましょう。

「速読のコツ」も解説しているのでこちらの記事もぜひ参考にしてください!

社会

世界史や日本史、倫理政経などに関わらず、社会科目は基本暗記することが多いです。

暗記する際に大事なのは名前と内容が一致しているかという点です。

それぞれ下記のような状態になっていることが理想的です。

・歴史の場合
=人物名とその人物が何をしたのか分かっている状態

・政治経済の場合
=用語の名前とその意味を一致している状態

なので、模試の解説をよく読み、書かれていなければ参考書などを参照して答えられなかった問題から優先して復習しましょう。

Tips:模試の復習のおともに参考書を

模試の復習をする際には、ぜひ参考書をあわせて確認しましょう。

そうすることで、知識が広がっていきますし、一度間違えたところに印をつけておけば何度も復習することができます。

模試で間違えた問題には赤色、知らなかった知識は緑色など印をつけるマーカーにルールを付けて、自分だけの苦手が詰まったオリジナル参考書を作っていきましょう!

理科

理科は、単元・分野ごとに復習をしましょう。

基本的な公式を確認した後にもう一度ゆっくり自分で解いてみることをおすすめします。

模試のミスの原因としては、時間に縛られて焦ってしまったために、計算ミスや問題の読み間違いをしたまま解き進めていたという事が多いです。

公式の使い方に間違いはないかということを確認するためにも、是非もう一度落ち着いて解いてみてください。

その上で分からなかった部分こそが、現在自分が苦手にしている部分です。

つまずいた箇所によって対策の仕方は異なります。

・基本的な部分(始めの方の小問など)でつまずいていた場合
= 同じ分野の練習問題に取り組みましょう。

・応用ができていなかったという場合
= 問題演習に加えて、解き方をしっかりメモして次につなげることが大切です。

模試の結果で確認すべき箇所

当然ですが、模試を受ければ結果が返ってきます。

偏差値や志望校の合格判定を見て一喜一憂するだけで、他は確認していないという人も少なくないのではないでしょうか。

模試の成績表には自分を成長させてくれる情報が山盛りです。

具体的にどこを確認すればよいのか一緒に確認していきましょう。

単元ごとの正答率

1つの教科の中でも、点数の取れた単元と取れなかった単元があるはずです。

点数が取れた単元と取れなかった単元を見比べて、何が違うのかを考えてみましょう。

単に勉強量が不足しているだけなら、次回の模試までに重点的に勉強しましょう。

逆に何度も勉強しても点数が伸びない単元は、苦手になっている単元でしょう。

基礎からしっかりと復習をして、次回の模試では少しでも点数を伸ばすことを目標にしましょう。

受験者平均との差

単元ごとの正答率を確認した後は、さらに受験者平均との差を確認しましょう。

受験者平均が高いのに自分の正答率が低い場合は、簡単な問題を取りこぼしている可能性があります。

苦手が定着してしまう前に、しっかり復習するようにしましょう。

逆に受験者平均が低いのに自分の正答率が高い場合は、他の受験生と点数を広げるための武器にすることができます。

自分の武器にできるように応用力を磨きながら、苦手な分野の克服に優先して時間を割くようにしましょう。

Tips:伸ばすべきは苦手分野?得意分野?

次の模試に向けて苦手分野を克服するための勉強をすべきか、得意分野をもっと伸ばせるように勉強すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ずばり対策すべきなのは「苦手分野」です。

平均点以下から平均点付近まで点数を上げるのと、平均点付近から満点近くまで点数を上げるのでは、必要な勉強量が全く違います。

もちろん満点を目指す気持ちも大事ですが、少なくとも受験者平均よりも低い単元があるなら、まずはそちらの克服を優先すべきです。

ご自身の成績と周囲との差から、その時に行うべき対策が変わってくるということを理解しておいてください。

前回の結果からの変化

前回の偏差値や点数を今回のものと比べてみましょう。

成績が上がっていれば、その調子でもっと良くするために頑張れることはあります。

逆にもし下がっていれば、どこが悪かったか、これ以上下げないためにはどうすれば良かったのかを考える必要があります。

結果は結果として冷静に受け入れ、次回の模試までの対策に活かしましょう。

勉強を頑張ったのに思うように成績が伸びなかった場合は、思い切って勉強法や環境を変えることも検討してみてください

特に、なかなか集中して勉強できていないという人は、勉強場所を変えてみることをおすすめします。

おすすめの勉強場所と見つけ方はこちらの記事を参考にしてみてください。

次の模試への取り組み3STEP

1つの模試が終われば何が起きるか。

そう、次の模試がやってきます。

ここからは次の模試に向けた取り組みについて解説します。

STEP1:次の模試の日程、範囲を確認

まずは次の模試まであと何日あるか、また範囲はどこまでなのかを確認しましょう。

1・2年生の場合は次の模試まで数ヶ月程度あるかもしれませんし、受験生だと数週間後には次の模試が控えているかもしれません。

勉強の計画を立てるためにはゴールを明確にすることが大切です。

次の模試が数カ月後でモチベーションが保つために、外部の模試を積極的に受験することをおすすめします!

STEP2:前回の成績をもとに目標と計画を立てる

日程や範囲を確認したら、具体的な目標と細かな計画を立てましょう。

今回良かったところ、良くなかったところをそれぞれをどのくらい勉強すれば目標に届くのかを緻密に考察しましょう。

目標を立てるときには具体的な数値の目標を設定しましょう。

理由は達成できたかの確認が容易にできるためです。

例えば、「苦手な分野を克服する」という目標では、次回の模試の結果が出た時に達成できたか判断が難しいですよね。

・数学の点数を20点上げる
・偏差値55を取る
・長文問題で正答率を80%にする

上記のように、必ず具体的な数値目標を設定するようにしましょう。

STEP3:計画に沿ってとにかく勉強する!

これは言うまでもないですが、せっかく計画を立てても実行しなければ意味はありません。

目標を決め計画を立てたら、後は勉強あるのみです。

次の模試では必ず目標を達成するという強い意志を持ち、とにかく次の模試まで気を引き締めて頑張りましょう!

どうしても勉強に集中できないという人は、勉強のやる気を出す方法から一緒に考えてみましょう。

まとめ

本記事では模試の復習の意義ややり方について解説しました。

最後にここまでの内容をおさらいしておきましょう。

  • 模試の復習をすることで効率良く学力UPできる!
  • 復習では解説を読んで解き直し、完璧に理解できるまで繰り返そう
  • 模試の結果を見て自分の苦手をチェックしよう
  • 次の模試の目標と計画を立てたら勉強あるのみ!

模試が返ってくると、どうしても達成感や満足感のために復習を怠ってしまいがちですが、復習までが模試です。

最後まで頑張ってください!

また、現在べストプランでは無料相談を受け付けています。

「次回の模試の点数をUPさせるために何をすればいいのか相談したい」という方はこちらもぜひ活用してみてくださいね!

\ 無料相談受付中! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ベストプラン講師。偏差値55の高校に通うも、京都大学法学部にE判定から逆転現役合格。

目次
閉じる